仏教エピソード

犀の角のように|仏教エピソード第25話

犀の角のように、ただ独り歩め

サイ

犀の角。
犀にとって自分の角は唯一無二。
ただ一つだけ。他に代わるものなどない。
それと同じく、自分という存在は唯一無二。ただ独りだけ。他に代わるものなどない。
だからこそ、自分は自分をやめることはできない。
どんなに望んだって、自分が他人と入れ替わることはできない。どんなに望んだって、自分の行いを他人が代わることはできない。
他人が飲んだ水が、己の喉の渇きを潤すことがないように。
自分の代わりなどいない。自分はただ独りの存在。
犀の角。
犀にとって自分の角は唯一無二。
しかしその角は、決して独りだけで存在していない。頭があって、身体があって、足があって、目があって、いろんなところがあるからこそ、支えてくれるからこそ、角は角であることができる。
それと同じく、自分というただ独りの存在は、決して独りだけでは存在できない。
いろんなところがあるからこそ、支えてくれるからこそ、自分は自分でいることができる。
角はただ一つだけ。しかし、決して一つだけでは有り得ない。
自分はただ独りだけ。しかし、決して独りだけでは有り得ない。
犀の角のように、ただ独り歩む。自己と他己が一つの如く。
福田智彰

2015年10月

関連エピソード

23)縁りて起こる

24)国王の疑問

22話~25話まであわせてお読みください

第28話「琴の音色」

無我というのは「我が無い」のではありません。「我が無い」だと、琴の音色を欲した王様のようなことになってしまうかもしれません。無我というのは「我で無い」のです。

 

第9話「灯火」

自己を見つめる。そこにはいろんな自分がいる。目をそむけたくなるような自分。無意識にみないようにしている自分。自分でも驚くような自分。自分のことをわかっているつもりで、実は全然わかっていない自分もそこにいます。一番身近な自己に目を向ければ、そこにはたくさんのヒントが転がっています。

 
 

第20話「自他を想う」

「結局自分のことが一番可愛い。そんなことで私達はいいのだろうか?」昔もそうやって真剣に考える人たちがいました。自分を想う事、そして他人を想う事。交わらない二つの線が、たった一つの視点を加えるだけで見事に一つとなります。