随想録

男の子の疑問

ある日お参りでのこと。男の子にこんな質問されました。
 「なんで犬はワンって鳴くの?」
子供は時に面白い質問を私達に投げかけてきます。
確かに私達は犬の鳴き声が、どうして「ワンワン」だと思っているのでしょうか?
犬の鳴き声は世界各国で違います。
英語では「バウワウ」、韓国語では「モンモン」、ロシア語では「ガフガフ」と言います。
他にも鶏は日本語では「コケコッコー」と言います。
しかし英語では「クックドゥールドゥ」、ドイツ語では「キッキレキ」、フランス語では「コックェリコ」と言います。
また雷の音は日本語では「ゴロゴロ」と言います。
しかし、英語では「ランブル(rumble)」という動詞を使って表現するそうです。
また韓国語では「ウルルカンカン」と言うそうです。
 皆さんも犬はワンワン、鶏コケコ、雷ゴロゴロというもんだと思い込んでいませんでしたか? 
子供のような疑問を持つことも、時に私達に新しい視点を与えてくれます。

犬と鶏が仲良くできるはずないと思い込んでいませんでしたか?

福田智彰

2014年5月


ひょっとしたらこの話と通ずる所があるかもしれません。
仏教エピソード第4話「苦行を捨てる」