随想録

砂利石

 地面に敷き詰められている砂利石。
 ある場所では砂利石がたくさん集まり、ある場所では地面がむき出しに。
 この上をたくさんの人が歩いている。
 歩く度にほんの少しずつ、一見わからないぐらい少しずつだが、砂利石が動いている。
 ほんの小さな動きが大きな動きに結びついている。
 そんなことを感じた瞬間だった。
福田智彰

2014年9月


ひょっとしたらこの話と通ずる所があるかもしれません。
仏教エピソード第24話「国王の疑問」